基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

[an error occurred while processing this directive]
平成31年 春期 基本情報技術者 午前 問13
問13   デュアルシステムの説明

 冗長構成におけるデュアルシステムの説明として,適切なものはどれか。

ア 2系統のシステムで並列処理をすることによって性能を上げる方式である。

イ 2系統のシステムの負荷が均等になるように,処理を分散する方式である。

ウ 現用系と待機系の2系統のシステムで構成され,現用系に障害が生じたときに,待機系が処理を受け継ぐ方式である。

エ 一つの処理を2系統のシステムで独立に行い,結果を照合する方式である。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:マルチプロセッサシステム の説明である。 2つ以上の CPU が主記憶装置や補助記憶装置を共有するシステムである。 このシステムでは、いくつかのジョブを同時に並行処理することができるため効率がよい。 また、いずれかの CPU が故障しても、その CPU を切り離し、処理を続けることができるため信頼性も高い。

イ:ロードシェアシステム の説明である。2つ以上の CPU で構成され、CPU の負荷分散を行う。 片方の CPU が故障した場合は、残りの CPU だけで処理を続けることができる。

ウ:デュプレックスシステム の説明である。2台の CPU で 構成され、片方でオンライン処理を行い、 他方は予備のシステムとして、優先度の低いバッチ処理等を行う。 オンライン処理側のシステムや機器に障害が発生すると予備側に切り換えて使用する。 経済的には、シンプレックスシステムより高価であるが、信頼性は高くなる。 システムダウンの時間は切り換える時間だけなのでシステムが回復する時間は短い。

エ:正しい。 デュアルシステムの説明である。2台の CPU で構成され、 正常時は2つのシステムが同じ処理を実行する。 実行結果を照合(クロスチェック)し、異なるときは、 異常の発生しているシステムを切り離し、正常なシステムだけで処理を続ける。 経済的には、デュプレックスシステムと比較しても高価であるが、信頼性は非常に高くなる。 システムダウンや誤動作が許されないシステムに用いられる。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [an error occurred while processing this directive]