基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

[an error occurred while processing this directive]
平成31年 春期 基本情報技術者 午前 問45
問45   ファジングによるセキュリティ効果

 ファジングで得られるセキュリティ上の効果はどれか。

ア ソフトウェアの脆(ぜい)弱性を自動的に修正できる。

イ ソフトウェアの脆弱性を検出できる。

ウ 複数のログデータを相関分析し,不正アクセスを検知できる。

エ 利用者 ID を統合的に管理し,統一したパスワードポリシを適用できる。


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

 ファジングとは、ファズ(fuzz)と呼ばれる予測不可能な入力データを与えることによって、 意図的に例外を発生させ、ソフトウェアの不具合を発見するためのテスト手法である。

 ソフトウェアの脆弱性を検出できるが、自動的に修正できるわけではない。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [an error occurred while processing this directive]