基本情報技術者試験の過去問と解説
[TOP] [午前分野別] [午後分野別] [キーワード索引] [平成31年春午前] [平成31年春午後]

[an error occurred while processing this directive]
平成31年 春期 基本情報技術者 午前 問69
問69   見直し前後で効果を示す値

 サイトアクセス者の総人数に対して,最終成果である商品やサービスの購入に至る人数の割合を 高める目的でショッピングサイトの画面デザインを見直すことにした。 効果を測るために,見直し前後で比較すべき,効果を直接示す値はどれか。

ア ROAS(Return On Advertising Spend)

イ コンバージョン率

ウ バナー広告のクリック率

エ ページビュー


解答←クリックすると正解が表示されます

解説

ア:ROAS(Return On Advertising Spend) は、広告費用に対して回収できたか売り上げを 測る指標である。

イ:正しい。

ウ:バナー広告のクリック率 バナー広告の効果を測る指標である。

エ:ページビュー ウェブサイトがどのくらい閲覧されているかを測るための指標である。


[←前の問題] [次の問題→] [問題一覧表] [分野別] [キーワード索引] [an error occurred while processing this directive]